Miyazaki Hospital

お問い合わせ・ご相談はお気軽にどうぞ
Tel.0776-82-1002 Fax.0776-82-6713
トップページ > 介護サービス

介護サービスCare service

ページトップへ戻る

居宅介護支援センターHome care support center







~ 介護が必要になっても、その人らしく自宅での生活がおくれるようお手伝いいたします~


たとえば、こんな事で困ったら?


1.家でお風呂に入れなくなった。

2.物忘れが多くなってきた。今後の事が不安。

3.一人暮らしでできない事が多くなってきた。

4.廊下やトイレに手すりをつけたい。

5.冠婚葬祭等で留守にするけど年寄りを一人で置いて行けない等々。

・どこに相談したらいいの?
・どんなサービスを受けられるの?

そんな時は、私たち(介護支援専門員)がお話を聞かせていただき、わかりやすくご説明をさせていただきます。







お気軽に当院までおこし下さい。
電話でのご相談もお受けしております。

宮﨑病院内 2階 居宅介護支援センター
・電話:0776-82-1002
・営業日:月~土
・営業時間:8時~17時(土曜日のみ 8時~12時)
・休業日:日曜日、祭日、三国祭礼日(5月20日)、お盆(8月14日~15日)、年末年始(12月31日~1月3日)
※ご相談は無料です。
居宅介護支援センター
ページトップへ戻る

デイケアDay care









目 的

1.主体性を高めます。・・・自分で選んで、自分で決め、実行していただきます。(自己選択・自己決定方式)

2.介護者への介護負担軽減を担います。・・・出来る事は自宅でも実践していただきます。

3.日常生活向上への働きかけ・・・食事・排泄・着替え・入浴などが出来るように意欲への働きかけと環境を調整します。

4.応用動作向上への働きかけ・・・掃除・洗濯・料理・外出などが出来るように意欲への働きかけと環境を調整します。

5.役割の創出・社会参加の実現・・・地域の中に生きがい・役割をもって生活できるような居場所と出番作りを支援します。また、家庭内の役割づくりを支援します。

 お一人お一人が生活の目標を持ち、達成できるような過ごし方を支援していきます。

 また、生活しづらさを感じている方や退院後すぐの方には理学療法士が生活リハビリをすることも可能ですのでご相談ください。

いつでも気軽に見学・体験に来てください。









デイケアの一日


お迎え

健康チェック

生活リハビリ(入浴・個別プログラム)

集団体操








嚥下体操

昼 食

生活リハビリ(個別プログラム・日常動作維持訓練・製作)

集団体操

おやつ

送 り

デイケア
ページトップへ戻る

デイサービス そよかぜDay service soyokaze








基本理念

 
私たちは、人として尊厳を大切にし、地域社会の一員である利用者様お一人お一人の自主性を尊重し、心安らぐ介護サービスを提供します。

サービスの特色


1.利用者が[主体性]や[価値観]を持った個人であることを尊重し、その人らしさを支援します。

2.利用者が住み慣れた地域で、これまでの日常生活がより良く継続できるように支援します。

3.利用者が地域社会の一員として培ってきた、好きなことや経験を発揮できる場を設け、様々な交流ができるように支援します。

4.利用者が自主的に行動できるように働きかけ心がけ支援します。








「 そよかぜ 」での活動模様 自宅にいるような空間で・・・。








そよかぜの1日の流れ


8時30分:送迎

9時:康チェック、入浴、個別訓練(作業療法、特技を生かした作業、家事等)

11時30分:リハビリ体操、嚥下体操

12時:昼食、口腔ケア、雑談

14時:レクリエーション(体操、おやつ作り、外出等)

16時15分:送迎

デイサービス そよかぜ
ページトップへ戻る

グループホーム みやざきGroup home Miyazaki








 グループホーム みやざきは、全室個室で少人数での生活です。

 その中で毎日たくさんの笑顔が見れるようにと職員が寄り添い、その人らしい生活を送れるよう支援させていただいています。

 日中は一人一人の能力を活かした日常での作業をされたり、職員と散歩や買い物などゆったりと自由に過ごしていただけます。







 病院の中にある施設として24時間体制で緊急時にもすぐ対応できご家族、ご本人にも安心していただける場所です。

 家庭的な雰囲気の中で食事や入浴などの日常生活上の支援をします。

 見学は随時、受け付けております。お気軽にお問い合せください。









入居条件


要支援2~介護5の方で認知症の症状のある方

受けられるサービス


 食事、入浴、排泄などの介護、その他日常生活のお世話、毎日の血圧、検温などの健康チェック主治医による往診、ご家族からの相談にもご対応します。








 利用者様の現状などもご家族の面会時には報告し、そのほか必要なときには電話にてご報告します。

 食事はご本人の病状に合わせたバランスある食事をご提供いたします。

 レクリエーションについても日頃の生活を楽しく過ごしていただけるよう一人一人の出来る事を見つけご対応します。

 季節行事のレクリエーションや外出なども企画実施いたします。

 日常での作業で作った作品は展示されています。

グループホーム みやざき
ページトップへ戻る

訪問看護Visiting care








 訪問看護とは、ご本人がご家庭の中でその人らしく療養生活が送れるよう看護師がご自宅へ伺い、療養生活を支援するサービスです。

ご本人だけでなく、支えている家族のサポートもいたします。

宮﨑病院では主治医の指示のもと、医療保険・介護保険による訪問介護を行っています。
※(月)~(土):8時~17時

電話連絡対応は24時間可能となりました。
上記、時間外で体調に不安がある場合は、0776-82-1002までご連絡ください。

訪問看護で行わせて頂く事
・おからだの状態観察:体温・脈拍・血圧測定・全身の状態観察

・健康相談の対応:状態をみながら主治医への報告・指示受けは連携しながらケアを行います。

・療養のお世話:清掃・洗髪・入浴介助や排泄ケア等
 ※療養中の介護者(ご家族)への介護相談等も応じております。

・医療処置:褥瘡管理、点滴、チューブ管理、内服管理、リハビリ、終末期ケア等

訪問看護
ページトップへ戻る

訪問リハビリテーションVisit rehabilitation









 住み慣れたご自宅にリハビリ専門職が訪問させていただき、身体状況に合わせて日常生活動作(歩行・着替え・トイレ動作など)の練習や、心身機能の維持など、一人一人に合わせたリハビリテーションプログラムを立て、機能回復、生活能力向上に向けてリハビリテーションを行っております。

 実際に生活している環境で行うのでご利用者様には実践的なリハビリを提供でき、ご家族様には具体的な介助方法や福祉用具などについて、お伝えすることができます。

 日々の生活がより安心で、自分らしい豊かな生活を送れますようサポートさせていただきます。

サービス内容

1.生活につながる機能訓練
 生活に必要な身体機能を(関節の運動や筋力・体力など)維持・向上できるように練習します。

2.日常生活に必要な動作の練習
・起き上がりや立ち上がり、乗り移りなどの基本的な練習を行います。
・家の中や外を歩いたり、階段などの練習をします。
・食事や着替え、トイレ動作や入浴、家事等の練習を行います。

3.介助方法の助言
 起き上がりや立ち上がり、歩行やトイレ動作などがしやすいように介助方法を助言したり練習します。

4.福祉用具の選択・使い方の助言
 身体機能や環境に合わせて必要な福祉用具を選択、助言します。

5.住民改修など住環境整備の相談・助言
 使いやすく、動きやすい住環境を整えるために手すりの設置や段差解消などの助言をします。


主な対象者

(例)
1.退院・退所後の自宅での生活に不安のある方

2.骨折等で今までできていたことが、急に出来なくなった方

3.家で入浴・料理や外出といった新たな目標に挑戦したいと思った方

4.介助方法や住環境等について、アドバイスが欲しいと思った方

5.高次脳機能障害で生活が不自由で困っている方など

訪問リハビリテーション
ページトップへ戻る
Copyright(C) Miyazaki-Hospital All Rights Reserved.